カードローン ウェブ 申込みcx

カードローン ウェブ 申込みcx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

 

 

 

スマホ・webで24時間申込可能

 

 

来店不要・最短即日融資

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

モビット

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

アイフル

 

 

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

 

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

 

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

 

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

 

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。

 

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

 

 

 

 

プロミスレディース 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

 

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

 

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

 

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

 

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

 

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

 

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

 

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。

 

 

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッシングコラム

当日すぐにお金がなければ困るのに、銀行の残高はほぼゼロといった悩みを抱えておられる方には、即日中にお金を貸してもらえるキャッシングをお勧めさせて頂きます。

 

カードローンを行っている会社の多くでは、即日融資可能なサービスがあり、いくつかの手続きを済ませれば、その場で融資を受けることだって決して難しくありません。これを言うと批判されるかもしれませんが、世間一般の借金に対する陰湿なイメージには疑問を感じます。

 

借金せざるをえない状況を頭から否定しており、ちっとも論理的ではないからです。

 

働く女性の低収入は以前から言われていることですが、そういった人が必要な額を必要なときにだけ借りるのなら、陰口を言われたり、本人が後ろ暗く思う必要はまったくないと思います。

 

 

借り入れを奨励しているわけではありませんが、周囲も本人ももっと客観的な目で見つめたほうが良いのではないでしょうか。

 

 

 

金融業界としても積極的なイメージアップを図り、こうした人たちに向けた新しいプランを提供していく姿勢が求められると思います。一番短い時間でキャッシングをしたい人は、本人確認ができる運転免許証などの書類を用意し、自動契約機による申し込みをするのが最も簡単で、審査結果も短時間で出てくるので、早くお金が欲しいとき向けです。

 

 

 

どの会社でも、借り入れの際には信用状況の調査、勤務先への在籍確認による審査が必ず行われるので、滞納の経歴を残さないことや、収入が安定していることなどその会社の審査に通るようにしなければなりません。

 

 

お金が足りなくなりそうなときに突然、海外旅行に誘われたりします。そんなことも十分考えられますね。誰だって海外旅行には年に何度も行けるものではないです。

 

チャンスがあれば行きたいですよね。

 

 

 

それならば手段の一つとして、キャッシングがあります。
これまでにキャッシングの利用実績がない人は、30日間金利なしのプランを用意している消費者金融もあります。大学の書籍代ってすごく高額ですよね。

 

 

実家暮らしでない自分には痛い金額ですが、親にも言えず、学生でも借りられるというローンを申し込もうとしたことがあります。
ただ、学生だからどこでも借してくれるとは思えなかったし、断られたら恥ずかしいというのもあって、社会人になるまではカードとは無縁で過ごしました。

 

 

 

考えてもみてください。返す気持ちはあるけど、見込みは全然ないのです。

 

普通は借りれませんよね。
いまだから言えることですが、自分が臆病で良かったのかなと思います。

 

一人で考えると悩みがちですが、お金については慎重にならなきゃダメですね。キャッシングというとどこも同じように見えるかもしれませんが、やはり銀行系の良さは見逃せません。他と比べて低い利率や、クレカのキャッシング枠とは比較にならない限度額(?500万円)が魅力的ですし、返済時に使えるATMの数が多いので手数料も節約できます。

 

昔から実績がある銀行が背景にあるので健全な貸金業務が行われていることが想像できます。
ひとつだけデメリットを言うと、審査でしょうか。
独自の基準を設けているので内容はわかりませんが、覚悟して手近で申し込むか、あるいは少しでも基準のゆるいところを狙うのが「吉」でしょう。カードローンを組んでみて、気がかりになる事といえば、設定された金利です。
TVなんかを見ているとカードローンのCMってたくさん見かけると思います。けれども、コマーシャルで宣伝している金利の割合は、其々違います。設定された金利が高い程、利息も高くなってしまうわけです。

 

 

 

その為、金利の確認を忘れずにして、安い所を優先的に選ぶのが正解です。

 

 

僕の兄は真面目でしたが、いつのまにかキャッシングしていてけっこう痛い目を見ていたんです。現在の勤務先での飲み会はもちろん、同窓会、過去の勤務先での付き合いも律儀に出席していて、これではお金が足りなくなるのも納得です。そこでカードローンを使うことはためらいましたが、一度使うと簡単でした。

 

 

しかし余裕ができるのは一時的で、相変わらずの使い方をしていて、借入金の元金を減らすめどが立たず、保険を解約したお金とボーナスで全額を繰上げ返済したのです。

 

キャッシングを申し込む際、初めての利用の場合にはキャッシングを希望する額を書く必要があります。
すぐには金額を決められないかもしれませんが、最初の時点からそんなに高い金額を提示してしまった場合にはキャッシングしてもらえないこともあります。一回目の申込では、なるべく低めの金額を提示しておいて、返済をちゃんとして、実績を作ってから高めの金額を再度申請するのが賢い方法でしょう。

 

 

キャッシングを提供している会社の中には、平日以外であっても当日中の融資を行っているところがあります。

 

とはいえ、土日だと金融機関は営業していないので、即日の融資を狙うならキャッシング会社の無人契約機まで行かなくてはいけないでしょう。

 

土日であってもその日に融資してくれる業者を探し出すこと、無人契約機での手続きが時間内に間に合うように早い時間に手続きを済ませるのがここでは重要です。これから新たに借り入れしようと思ったら、もしあなたが過去に他社で借りたことがある場合、注意しましょう。とくに延滞などの事故履歴がなければ心強いですが、それでも現在の借入状況などによっては新しいローンの審査には障害になるかもしれません。

 

 

 

延滞中でも借りられたケースはないわけではないですが、提出書類が多くなったり、金利面で折り合いがつかないなど微妙な問題点も出てくるでしょう。口座残高不足による短期の延滞ならともかく、3ヶ月を超える延滞があるときは、まともな金融業者からの新規借入は断られるはずです。ただし、延滞から一定年数が経過している人はこの限りではありません。
最近、「あれ?」と思ったのですが、クレジットカードとカードローンを同じように考えているケースが結構多いです。間違いやすいとは思いますが、実は両者の借りられる限度額にすごい差があるのです。いまから解説しますので、全然違うものであるのを分かってください。
物品の購入を目的としたクレジットカードは融資の額も10万円くらいから始まり、多くて100万円くらいです。
一方、カードローンは融資を主目的とし、高い上限額(500万とか)があることは、もはや常識です。

 

 

 

こう説明すると、みなさん違いに納得されます。

 

 

社会人で借金したことのない人は、ごく稀だと思います。学資や奨学金など低利の融資や、必要に迫られて借りたカードローンに、クレジットカードを使った買い物の後払いも借金であることは間違いないでしょう。
しかし、お金を借りると、利息分をつけて返済しなければいけません。長期ローンを組むと月々の返済はラクですが、利息負担が大きくなってしまうので、節約のためには期間短縮がカギとなります。もし長期ローンを組んでいるのなら、銀行の利率と比べてみてください。

 

ローンの金利のほうが高いはずです。
「外貨貯金で一山あてて返済」としてもせいぜい利率は5%くらいですよね。
貯蓄するゆとりがあれば早期完済に回すほうが現実的で、節約効果が高いのは明らかですね。

 

キャッシングサービスで借りたお金を気軽に返すことが可能な利用しやすい返済手段といえば、コンビニ返済です。いつでも返済へ行けますから、忘れてもすぐに思い出せます。

 

コンビニは誰もがよく立ち寄る場所ですし、私の場合だと、仕事の合間や買い物の後などに寄ることがあります。キャッシングサービスを利用して、その返済をしているということが周囲の人に見つかりにくいのもコンビニ返済を利用する上での利点です。

 

 

カードローンが使えるのはよくある普通のクレジットカードではなく、信販会社や銀行などのローンカードに限られますが、CMなどで聞いたことはあっても持っている人は多くないかもしれませんね。
厄介なのは限度額という決まりがあることで、仕事を持っている人には、総収入の3分の1までで抑えなければならない、厳しい法律が近年定められたのですが、気を付けないといけない事は、貸し付け進行中のカードだけのことを考えればいいというのではなく、本人名義のカードなら、すべてを含めねばならず、会社が違ってもすべてを合算し、ということで、使える金額に影響が出ています。知っていても知らなくても、総額に影響はありませんが、把握しておくことが必要です。

 

手持ちのローンカードで既に50万円の借り入れをし、現在返済中だとすると、考え方としては、借り入れ可能金額から既に借り入れ済みの金額を引くだけと簡単です。
それが、すぐにわかります。

 

年収さえ計算できれば、借りられる金額も常に明らかで、金銭感覚の欠如した人にも分かりやすいのではないでしょうか。カードローンやキャッシングなどで、複数の会社を恒常的に使うようになると、だんだん管理が難しくなって不自由さを感じることも増えてくるはずです。

 

 

それなら、おまとめローンを使ってみるのも手です。
いくつかのローンを新たな1社にまとめることができるので今までの悩みから解放されるでしょう。

 

審査はあるものの、一本化すれば手数料が減るだけでなく、利息分が膨らむこともありませんので、返済の見込みが立てやすくなると思います。

 

キャッシングをするときの審査って、心理的にちょっと負担ですよね。実は思っているより簡単に、すぐに終わりました。よく考えたら、審査することなんて、昔より減っているんです。

 

高額なら審査も長くかかるかもしれませんが、普通は数十分後には終わっているのが普通です。終われば、当日中に現金を手にしているというのはとくに珍しいことではないようです。

 

就労証明、収入証明を要求されるケースも少なく、スマホがあれば申し込みも本人確認もアプリでパチッとできて、デジタル化の恩恵をフルに受けていると感じます。キャッシングの申込みはどんどん簡単になり、今ではネットで完結するのが珍しくもないです。

 

いまから借りる人は知らないと思いますが、昔はネットで申し込んでも、書類提出や勤務先への電話確認が必要なことがありましたが、最近では小額なら収入証明も不要で、本当にweb完結です。
手続きのために知らない窓口を探してウロウロすることもなく、手続きが済むのです。

 

こういった風潮は利用者にとっては便利で嬉しいことです。過去に延滞などの履歴があり事故顧客リストに掲載されている人でも新たに借り入れできる金融業者があります。

 

もちろん、コマーシャルや電車広告を出しているような老舗金融や銀行の場合は審査が通りません(ブラックですから)。
したがって無名か、あるいは中小規模の消費者金融から借り入れます。

 

ワイドショーやウェブのネタサイトでも取りあげられることがありますが、そういった金融業者は名前で評価されることがないのでブラック企業的な行動が見られることがままあります。よく考えて利用しなければいけませんね。
法律で定められたキャッシングに関する規制というと総量規制が一番ポピュラーかと思います。これは、借り入れ可能額が年収の3分の1という趣旨のものです。
これは消費者金融のみに適用されて、この法律と管轄の違う銀行では、適用されないのです。

 

他社でも借り入れがある場合はトータルで判定されます。

 

 

複数の会社から同時にキャッシングでお金を借りたいというときは総量規制というものがあるので、利用可能額がトータルでいくらになるかを確認し、借り入れの申し込みを行わなければなりません。消費者金融会社が、こうして総量規制を設定しているのは、申し込む人が高額すぎるお金を借り過ぎてしまわないための措置であり、規制の上限は個人の年収によって定められるので、自分がいくら借りているかを確認した上でキャッシングを使うかどうかの判断を行いましょう。

 

 

個人が借入を申し込むときは、審査を避けて通ることはできません。
しかし即日融資を謳う会社が増えてきて、大手各社や銀行のカードローンでもよほどの大金でない限り、当日融資OKというのが普通です。数年前まではもう少し遅かったのですが、まさかこんなに早くなるとは予想しませんでした。
これが当たり前になってくると、以前のように時間がかかっていたほうが「なんで?」という気もします。
サービス利用者の減少や審査項目の簡素化などのほかにも、昨今の迅速化の背景には複数の要因があると思いますが、利用者にとっては大いに喜ばしいことです。

 

キャッシングし過ぎには気を付けないといけません。

 

多重債務という複数で借金する状態に陥りやすいからです。
なぜなら、一社から融資を受けられる金額って上限があります。ですから、その返済日が来ると、返済のお金をあてのあるところから用意してこないといけないのです。これを何回も行うと、多重債務者が出来上がります。

 

 

キャッシングの返済では、求められた手順に沿って今後のことを考え、期日に遅れず返済できるように努力が求められます。
万一、返済が滞った場合は普段の利息よりも多額のいわゆる遅延損害金を払わなければならない上に信用情報に記録が残り今後、お金を借りられなくなってしまうため、できる限り滞納はしないようにしてください。お給料日前まであと2、3日。ちょっと苦しいなと思ったら、小額を借りてすぐ返すようなキャッシングだったら気楽に利用しても良いのではないでしょうか。短期間なら金利ゼロという会社もありますし、そうでなくても一括で返済するのなら、金利が何パーセントであろうと、総返済額に対して響いてこないはずです。

 

 

 

しかし全額一括返済すると却って苦しくなるような場合は、低い金利のところを選ぶことが大事になってくるでしょう。急いで借りたいときでもこれから借りようとする金利くらいは確認しておいたほうが損がないと思います。最近、過払い金請求というのが一般的になってきたのでしょうか。テレビCMも目にする機会が増えました。

 

実を言うと僕も、カードでお金を借りていた頃はありますが、毎月一定額を返すリボ払いでもうじき返済も終わるので、弁護士を通して請求するような金額かというと、お門違いかもしれません。

 

 

ただ、過払い金というものがあるのならいくら位になるのか関心がないというほうが嘘になります。

 

金額が多ければ、請求してみる価値はあるかもしれません。近年、審査が簡単になったと感じることが多いですが、審査なしで融資を受けるのは無理だと思います。まともな会社なら金額に合った審査をした上で無理のない融資を行っています。いくら貸金業の免許があったとしても、無審査で現金を融資するような会社は違法行為を行なっていたり、相当な高利である危険性があります。

 

リスクのあることは考えず、『審査基準がゆるい』ローンを探すことに目を向けましょう。クチコミでは、楽天カードローンがおすすめのようです。大手企業がバックにあるので安心ですし、申し込んでみて損はないと思います。

 

 

お金を借り入れる際には書類や口座などさまざまなものが必要と思われていますが、考えているほど多くありません。個人の貸借履歴や会社ごとの審査基準によりますが、最強の身分証明と言われる免許証やパスポートなどが用意できれば、大丈夫です。

 

また、融資金額が高額の際はその他の書類の提示を求められるかもしれません。

 

 

このように手軽にできる借金ですが、それが有意義につかえるか、無意味に終わるかは、借りる側の姿勢によるところが大きいでしょう。返済が長期化すると総支払額が増えますし、短くすれば月々苦しいです。でも、それをどう感じるかは性格やライフスタイルで違ってくるはず。

 

 

 

どのようにすれば無理なく完済できるか考えることが大切です。あとになって延滞ということだけは、ぜったいに避けなければいけません。

 

 

アルバイトでもカードローンを借りることが出来るのでしょうか?こうした疑問を持つ人も多いですが、大丈夫です。

 

 

当然、返済は義務ですので、審査基準に一定の収入が求められるのは間違いありませんが、それは一概に正規雇用でなくてはならない、という訳ではありません。
ですので、仮にフリーター、あるいは、パートの方でも安定した収入が見込めるというのであれば、審査をパスできる見込みは充分にあるのです。

 

 

 

派遣社員をやっていてもお金は貸してくれるのか、知りたくて問い合わせてみました。

 

あまり歓迎されないのではないかいうと、決してそんなことはありません。ローンを組んでお金を返していくような契約においてもコマーシャルで連呼されているおなじみの会社のいずれもがスムーズに貸し付けてくれることに驚かされると思います。

 

 

このように、派遣社員であることがステータスとも思える昨今ですが、以前は日雇い的不安定さが原因で行なっていなかったはずのアルバイトにもお金を貸し付けられる場面が多く見られ、断られる件数も減ってきています。

 

 

 

チャンスを前にお金が必要な時、前向きに挑めば、これからの人生にきっと役立つことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る